お風呂場

【冬季は危ない】高齢者を守る浴室暖房とは

バス用品の扱い方を工夫

レディ

風呂ふたは、湿気などの影響で変形が生じる場合があります。使用後にこまめに湿気を取り除くのが、1つの予防策です。強い日差しや洗剤なども、変形の一因となる場合がありますので、日ごろの扱い方には工夫を要します。

高齢者家庭は特に大事

お風呂

冬場に気をつける

家の中に居ても熱中症になったり、寒暖差で倒れてしまったりすることがあります。特に、高齢者の居る家庭は注意しましょう。夏ももちろん熱中症が気になりますが、冬も気をつける点があります。それは浴室です。最近の住宅は冷暖房設備が整っているため、部屋の温度は一定に保てます。しかし、浴室はそうもいきません。暖かい部屋から寒い浴室に入り、体が温まった状態で今度はまた寒い脱衣所に出るというように、寒暖差が激しくなることがあるのです。これによって血圧の変動が激しくなり、命を落としてしまう高齢者も少なくありません。そこで、浴室暖房を設置しましょう。リフォーム業者に頼めば簡単に設置できます。浴室暖房の工事をすることで、脱衣所も浴室も寒暖差がなくなるのです。そうすれば、寒暖差によって倒れることも防げるはずです。浴室暖房設備を設置すると、入浴前にスイッチを入れて浴室を温めておくことができます。場合によっては脱衣所にも暖房設備を設置しておきましょう。これで部屋から脱衣場、浴室への順路どこでも一定の温度を保てるはずです。実際に、最近はリフォームで浴室暖房を設置する家庭が増えてきています。また、新築住宅を建てる場合にも、最初から浴室暖房を設置する家庭がほとんどです。家の中での温度対策としては最適な方法と言えます。ちなみに、浴室暖房というのは浴室の壁や床のタイルなどに熱が伝わるような仕組みになっています。そのため、裸足で裸で入っても、暖かさを感じられるのです。

快適なバスタイムを過ごす

入浴

最近では、さまざまな形状の浴槽が増えており、既製品の風呂ふたではサイズが合わないという問題があります。オーダーメイドで注文すれば、すき間のないぴったりサイズの風呂ふたをを作ることができます。専用メーカーの風呂ふたは、機能面において優れているのが特徴です。

熱や湯気が逃げません

主婦

浴室の形と大きさにぴったりとあった風呂ふたを使うと熱や湯気が逃げないため光熱費の節約になります。複雑な形状の浴室にはオーダーメイドの風呂ふたを使わないと小さいと熱や湯気が逃げ、大きいとスペースの無駄遣いになってしまいます。